ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキングに参加中(⌒∇⌒)
↓↓ポチッと押して頂けると嬉しいです(o^-')b


みなさまの航海の無事をお祈りします♪


【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告


エピソード インカ編(冒険) 「凶兆の伝達者」
インカエピソードの商人編が一段落ついたので、次は

エピソード インカ編「冒険」第1話
凶兆の伝達者
リオデジャネイロで出ました^^



ブログランキングに参加中(⌒∇⌒)
↓↓ポチッと押して頂けると嬉しいです(o^-')b


みなさまの航海の無事をお祈りします♪

ジセルから依頼が来てるとのことなので、酒場に行ってみると
凶兆の伝達者1

∑( ̄□ ̄;)ナント!!
どういこと?!

凶兆の伝達者1.5
(¬д¬。) ジーーーッ

あらためて依頼を聞いてみると
最近 どこの酒場でも持ちきりの噂があり、その内容は西のインカ帝国には女神の魂が封じられた美しく巨大なエメラルドがあり、その大きさはダチョウの卵ぐらいだそうです!
んでジセルはダチョウって知らないんでそのエメラルドを見てみたいということ。
って、ダチョウの卵の大きさを知りたいからエメラルドが見たいのか??(;´∀`)・・・


とその時、
凶兆の伝達者2
なかなかのイケメン登場!

どうやらジセルの知り合いらしい。
凶兆の伝達者3
∑( ̄□ ̄;)ナント!!
シュレッテンワルダー!!(シュレッテンワルダーの活躍はコチラ
こんな顔だったのかw

さて、ここからジセルとシュレッテンワルダーの漫才が始まりますので、
ログでお楽しみ下さいw

???>へぇ じゃあ俺が今日ここに来たのもお前のためにそのエメラルドを見つける運命にあるからだな
ジセル>あ オカシラさん!
シュレッテンワルダー>あ オカシラさん!じゃねぇよ…シュレッテンワルダーだっていいかげん 覚えてくれよ……
ジセル>だって 長いんだもん 名前……それに 盗賊団のオカシラなんだからオカシラさんでいいじゃないですかー
シュレッテンワルダー>お前なあ そんなんじゃ酒場の看板娘失格だぞ
シュレッテンワルダー>……それに今は 盗賊じゃない
ジセル>そんなことよりオカシラさん 今日はどうしたんですか?久しぶりですよね~
ジセル>お天気いいから お散歩ですか?
シュレッテンワルダー>いや お前の顔を見に来たんだが?
ジセル>わーっ そんなことのためにわざわざ あんな遠いところから?お疲れさまですー!
シュレッテンワルダー>……もういい 今日は口説く気失せた……
ジセル>??
よく分かんないけど 口喧嘩勝ちました?えへへへへ!
酒場マスター>……ぷっ
凶兆の伝達者4

シュレッテンワルダー>おい あんた さっきの財宝の話 調査しに行くんだろ?俺も一緒に行くぜ
凶兆の伝達者5

ジセル>あ! でもでもでも最近インカ帝国では 冒険者が襲われる事件が起こってるって……
ジセル>すっかり忘れてましたけど今インカ帝国に行くのは 危ないですよ!
酒場マスター>……支離滅裂だな……
凶兆の伝達者6

ジセル>えーーー! だめですよう!危ないって話したばっかりじゃないですか!話聞いてなかったんですか!?
酒場マスター>……いつも話聞いてないヤツがよく言う……
シュレッテンワルダー>よし 旅は道連れ 善は急げ!さっそく出発するぞ
まずは帝国のお膝元 リマだ!
シュレッテンワルダー>リマの北郊外に出たところに案内人ってのがいる
周辺の警備にあたっているインカ人だ
シュレッテンワルダー>そいつに聞けば なにか分かるだろ
ジセル>危ないですってば!……もう知らないから!!



ということで、いつの間にかに財宝探索の為に、リマへ行くことに^^;
しかし、インカでは冒険者が頻繁に襲われてるとか((;゚Д゚)ガクガクブルブル

リマ北郊外の案内人に事情を聞いてみると
凶兆の伝達者7

凶兆の伝達者8
やはり事実だった!(((( ;゚д゚)))アワワワワ
詳しく話を聞いてみると、襲っているのはインカ帝国の人らしい。
襲われた冒険者達はキープを持っていたのを住民が見ていたそうですが、事件後 そのキープは見つかっていないらしい。

凶兆の伝達者9

(^_^)3 フムフム。
冒険者達は、そのキープの解読者に会いにクスコへ向かったってわけだとシュレッテンワルダーは推測。

さらに、案内人に対し
凶兆の伝達者10
∑( ̄□ ̄;)ナント!!
トンでもないこと、カミングアウトしてるし・・・・

不信感いっぱいでシュレッテンワルダーも見ていると、
凶兆の伝達者11
シュレッテンワルダーは、これについて調べていて、ジセルのところには その捜索ついでにちょっと寄っただけだそうです^^;

まだ、分からないことがあるので、さらに質問をしてみる。

凶兆の伝達者12

<事件の詳細について>
シュレッテンワルダー>ある日突然 この噂はどこからともなく湧いて出た
シュレッテンワルダー>神から与えられし インカの至宝「ウミナの魂」について記録されたキープが見つかった とな
シュレッテンワルダー>この事件は 情報に踊らされ 至宝を手に入れようとするヨーロッパ人冒険者と
それを守らんとするインカ人の争いだ

<キープについて>
シュレッテンワルダー>縄の結び目の数や形状で 文字のように情報を記録するものだそうだ
シュレッテンワルダー>結ぶほうも それを解読するほうも特別な知識が必要なんだがその知識は貴族階級にしか伝達されていない

<ウミナの魂について>
シュレッテンワルダー>インカ帝国に伝わる財宝だ ジセルも言ったとおり ダチョウの卵大のエメラルドだといわれている
シュレッテンワルダー>ウミナの魂は 数代前のインカ皇帝がアンデス山脈の北部を支配したときに
その土地の民に授けたそうだ

シュレッテンワルダー曰く
要は、表向きは ありふれた伝説を追う欲にまみれた冒険者が神の鉄槌を受けたってところ。
しかし、どうやら裏があるらしい(〃 ̄ω ̄)σ

凶兆の伝達者13

更なる調査のため、クスコに向かおうとした、その時!!

凶兆の伝達者14
( ̄□ ̄;)!!
インカ戦士に周りを囲まれた!!

多勢に無勢、シュレッテンワルダーが敵を怯ませてる隙に逃げることに^^;
凶兆の伝達者15
正体がばれかけたインカ戦士達は狼狽し、その隙をついて

ε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘ニゲローッッ

ところで、カスティリア訛りのインカ戦士とはどういう事だろ?
カスティリアといえばイスパニア・・・・あのインカ戦士達は実はスペイン人ということか?

疑問を抱きながら逃げ着いた先は
凶兆の伝達者16
なぜか、ラウアの所!!(; ̄ー ̄A アセアセ・・・
シュレッテンワルダーは、いきなり口説き始めたりしてますが^^;

ラウアに、最近怪しいことがなかったか聞いてみると
凶兆の伝達者17
ピサロ!

シュレッテンワルダー曰く
イスパニア探検家 フランシスコ・ピサロは金への執着と暴力への信奉篤い危なっかしい野郎で、キトの近くのトゥンベスを拠点にしているらしい。
更に、北部の帝国領外の集落をヨーロッパ人が襲ったという噂があり、もしかしたらそれはピサロの仕業なのかもと。

その話を聞いたラウアは
凶兆の伝達者18
チブチャに行くために、自分のことをさらって欲しいと頼んできました。
しかし、シュレッテンワルダーはあっさり断り、その場を去りました。

インカ戦士はもういなくなっており、シュレッテンワルダーは調べたいことがあるということで、ここで分かれることになりました。
凶兆の伝達者19
(>Д<)ゝ”了解!

リマの出航書役人に伝えると
凶兆の伝達者20
(・_・D フムフム

凶兆の伝達者21

どうやら一番最初に殺されたチャスキは、ヨーロッパ人に殺されたんだな。
その後は、スペイン人は犯人をインカ人に見せかけるため、変装して、銃や剣を使わず冒険者を襲ったんだな
( ̄ー ̄)ニヤリ

チャスキの殺人現場を探索してみると
凶兆の伝達者22
なぜか、チャスキの肩掛け袋発見^^;

族はなぜ、これを持って行かなかったのだろうか?
そして、残っていたとしても、事件発見後、証拠品は押収されなかったのだろうか?
不思議だ( ・_・;)

とりあえず続く



ふー><
今回は記事がすごく長くなってしまった・・・(;´ρ`) グッタリ

でもポチッと押してくれたら元気百倍(⌒∇⌒)





続きを閉じる▲
ジセルから依頼が来てるとのことなので、酒場に行ってみると
凶兆の伝達者1

∑( ̄□ ̄;)ナント!!
どういこと?!

凶兆の伝達者1.5
(¬д¬。) ジーーーッ

あらためて依頼を聞いてみると
最近 どこの酒場でも持ちきりの噂があり、その内容は西のインカ帝国には女神の魂が封じられた美しく巨大なエメラルドがあり、その大きさはダチョウの卵ぐらいだそうです!
んでジセルはダチョウって知らないんでそのエメラルドを見てみたいということ。
って、ダチョウの卵の大きさを知りたいからエメラルドが見たいのか??(;´∀`)・・・


とその時、
凶兆の伝達者2
なかなかのイケメン登場!

どうやらジセルの知り合いらしい。
凶兆の伝達者3
∑( ̄□ ̄;)ナント!!
シュレッテンワルダー!!(シュレッテンワルダーの活躍はコチラ
こんな顔だったのかw

さて、ここからジセルとシュレッテンワルダーの漫才が始まりますので、
ログでお楽しみ下さいw

???>へぇ じゃあ俺が今日ここに来たのもお前のためにそのエメラルドを見つける運命にあるからだな
ジセル>あ オカシラさん!
シュレッテンワルダー>あ オカシラさん!じゃねぇよ…シュレッテンワルダーだっていいかげん 覚えてくれよ……
ジセル>だって 長いんだもん 名前……それに 盗賊団のオカシラなんだからオカシラさんでいいじゃないですかー
シュレッテンワルダー>お前なあ そんなんじゃ酒場の看板娘失格だぞ
シュレッテンワルダー>……それに今は 盗賊じゃない
ジセル>そんなことよりオカシラさん 今日はどうしたんですか?久しぶりですよね~
ジセル>お天気いいから お散歩ですか?
シュレッテンワルダー>いや お前の顔を見に来たんだが?
ジセル>わーっ そんなことのためにわざわざ あんな遠いところから?お疲れさまですー!
シュレッテンワルダー>……もういい 今日は口説く気失せた……
ジセル>??
よく分かんないけど 口喧嘩勝ちました?えへへへへ!
酒場マスター>……ぷっ
凶兆の伝達者4

シュレッテンワルダー>おい あんた さっきの財宝の話 調査しに行くんだろ?俺も一緒に行くぜ
凶兆の伝達者5

ジセル>あ! でもでもでも最近インカ帝国では 冒険者が襲われる事件が起こってるって……
ジセル>すっかり忘れてましたけど今インカ帝国に行くのは 危ないですよ!
酒場マスター>……支離滅裂だな……
凶兆の伝達者6

ジセル>えーーー! だめですよう!危ないって話したばっかりじゃないですか!話聞いてなかったんですか!?
酒場マスター>……いつも話聞いてないヤツがよく言う……
シュレッテンワルダー>よし 旅は道連れ 善は急げ!さっそく出発するぞ
まずは帝国のお膝元 リマだ!
シュレッテンワルダー>リマの北郊外に出たところに案内人ってのがいる
周辺の警備にあたっているインカ人だ
シュレッテンワルダー>そいつに聞けば なにか分かるだろ
ジセル>危ないですってば!……もう知らないから!!



ということで、いつの間にかに財宝探索の為に、リマへ行くことに^^;
しかし、インカでは冒険者が頻繁に襲われてるとか((;゚Д゚)ガクガクブルブル

リマ北郊外の案内人に事情を聞いてみると
凶兆の伝達者7

凶兆の伝達者8
やはり事実だった!(((( ;゚д゚)))アワワワワ
詳しく話を聞いてみると、襲っているのはインカ帝国の人らしい。
襲われた冒険者達はキープを持っていたのを住民が見ていたそうですが、事件後 そのキープは見つかっていないらしい。

凶兆の伝達者9

(^_^)3 フムフム。
冒険者達は、そのキープの解読者に会いにクスコへ向かったってわけだとシュレッテンワルダーは推測。

さらに、案内人に対し
凶兆の伝達者10
∑( ̄□ ̄;)ナント!!
トンでもないこと、カミングアウトしてるし・・・・

不信感いっぱいでシュレッテンワルダーも見ていると、
凶兆の伝達者11
シュレッテンワルダーは、これについて調べていて、ジセルのところには その捜索ついでにちょっと寄っただけだそうです^^;

まだ、分からないことがあるので、さらに質問をしてみる。

凶兆の伝達者12

<事件の詳細について>
シュレッテンワルダー>ある日突然 この噂はどこからともなく湧いて出た
シュレッテンワルダー>神から与えられし インカの至宝「ウミナの魂」について記録されたキープが見つかった とな
シュレッテンワルダー>この事件は 情報に踊らされ 至宝を手に入れようとするヨーロッパ人冒険者と
それを守らんとするインカ人の争いだ

<キープについて>
シュレッテンワルダー>縄の結び目の数や形状で 文字のように情報を記録するものだそうだ
シュレッテンワルダー>結ぶほうも それを解読するほうも特別な知識が必要なんだがその知識は貴族階級にしか伝達されていない

<ウミナの魂について>
シュレッテンワルダー>インカ帝国に伝わる財宝だ ジセルも言ったとおり ダチョウの卵大のエメラルドだといわれている
シュレッテンワルダー>ウミナの魂は 数代前のインカ皇帝がアンデス山脈の北部を支配したときに
その土地の民に授けたそうだ

シュレッテンワルダー曰く
要は、表向きは ありふれた伝説を追う欲にまみれた冒険者が神の鉄槌を受けたってところ。
しかし、どうやら裏があるらしい(〃 ̄ω ̄)σ

凶兆の伝達者13

更なる調査のため、クスコに向かおうとした、その時!!

凶兆の伝達者14
( ̄□ ̄;)!!
インカ戦士に周りを囲まれた!!

多勢に無勢、シュレッテンワルダーが敵を怯ませてる隙に逃げることに^^;
凶兆の伝達者15
正体がばれかけたインカ戦士達は狼狽し、その隙をついて

ε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘ニゲローッッ

ところで、カスティリア訛りのインカ戦士とはどういう事だろ?
カスティリアといえばイスパニア・・・・あのインカ戦士達は実はスペイン人ということか?

疑問を抱きながら逃げ着いた先は
凶兆の伝達者16
なぜか、ラウアの所!!(; ̄ー ̄A アセアセ・・・
シュレッテンワルダーは、いきなり口説き始めたりしてますが^^;

ラウアに、最近怪しいことがなかったか聞いてみると
凶兆の伝達者17
ピサロ!

シュレッテンワルダー曰く
イスパニア探検家 フランシスコ・ピサロは金への執着と暴力への信奉篤い危なっかしい野郎で、キトの近くのトゥンベスを拠点にしているらしい。
更に、北部の帝国領外の集落をヨーロッパ人が襲ったという噂があり、もしかしたらそれはピサロの仕業なのかもと。

その話を聞いたラウアは
凶兆の伝達者18
チブチャに行くために、自分のことをさらって欲しいと頼んできました。
しかし、シュレッテンワルダーはあっさり断り、その場を去りました。

インカ戦士はもういなくなっており、シュレッテンワルダーは調べたいことがあるということで、ここで分かれることになりました。
凶兆の伝達者19
(>Д<)ゝ”了解!

リマの出航書役人に伝えると
凶兆の伝達者20
(・_・D フムフム

凶兆の伝達者21

どうやら一番最初に殺されたチャスキは、ヨーロッパ人に殺されたんだな。
その後は、スペイン人は犯人をインカ人に見せかけるため、変装して、銃や剣を使わず冒険者を襲ったんだな
( ̄ー ̄)ニヤリ

チャスキの殺人現場を探索してみると
凶兆の伝達者22
なぜか、チャスキの肩掛け袋発見^^;

族はなぜ、これを持って行かなかったのだろうか?
そして、残っていたとしても、事件発見後、証拠品は押収されなかったのだろうか?
不思議だ( ・_・;)

とりあえず続く



ふー><
今回は記事がすごく長くなってしまった・・・(;´ρ`) グッタリ

でもポチッと押してくれたら元気百倍(⌒∇⌒)




テーマ:大航海時代Online - ジャンル:オンラインゲーム
【2008/08/02 16:53】 | エピソード | トラックバック(0) |


連邦の白い奴 長文おつですw

マジでエピソードのSS大量になって大変だよねぇ^^;

ちょうど私もエピソードの記事書いてるので、どんな内容だったか復習させてもらってますw

ではガンバってください♪

アルテイシア ホントに、膨大な量で涙・・・
でもp(。・_;。)qガンバル

コメントを閉じる▲


<<エピソード インカ編(冒険) 「ソニュカサパ」 | ホーム | エピソード インカ編(商人) 「栄華の糸口」>>
コメント
長文おつですw

マジでエピソードのSS大量になって大変だよねぇ^^;

ちょうど私もエピソードの記事書いてるので、どんな内容だったか復習させてもらってますw

ではガンバってください♪
【2008/08/03 21:23】 URL | 連邦の白い奴 #-[ 編集] | page top↑
ホントに、膨大な量で涙・・・
でもp(。・_;。)qガンバル
【2008/08/13 07:29】 URL | アルテイシア #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://redcometlogbook.blog69.fc2.com/tb.php/576-fa450f26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。