ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキングに参加中(⌒∇⌒)
↓↓ポチッと押して頂けると嬉しいです(o^-')b


みなさまの航海の無事をお祈りします♪


【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告


エピソード インカ編(冒険) 「ソニュカサパ」
エピソード インカ編「冒険」第2話
ソニュカサパ
リマではなくポルトベロです^^


ブログランキングに参加中(⌒∇⌒)
↓↓ポチッと押して頂けると嬉しいです(o^-')b


みなさまの航海の無事をお祈りします♪

ラウルからの呼び出しなので、酒場に行くと
ソニュカサパ1

シュレッテンワルダーからの依頼らしいです^^;
しかし、本人は遅刻してるみたい^^;
ラウルと雑談して時間をつぶしていると
ソニュカサパ2
シュレッテンワルダー登場。

揃ったところで、いよいよ本題に。
ラウルはシュレッテンワルダーに頼まれて、ピサロについて調べていたようです。

ソニュカサパ3
ラウル曰く
ピサロは母親の身分が低かったため、幼年期は不遇で およそ貴族の子とは思えない生活をしてきたそうだ。幼い頃から体格がよくイタリア戦争への参加や新大陸調査などで頭角を現した生粋の軍人だ。
しかし 下級貴族であるという経歴から戦争でも調査航海でも重用されなかった。
その為、富と財に執着するようになったんだそうだ。
あるときピサロは 新大陸帰りの冒険者から「新大陸の南部には「女神の魂」が隠されている」と聞いた。これを聞いたピサロは当時ダリエン湾総督配下だったにも関わらず、賛同する探検家と司祭を連れて遠征し、インカ帝国のその富に驚き 調査を続ける。そして、その膨大な黄金に魅了されていったそうだ。
ラウル>しかし インカ帝国にはピサロが冒険者から聞いた「女神の魂」の痕跡はなかった。
「女神の魂」とは「ウミナの魂」のこと。ケチュアの女神ウミナの魂が形となったエメラルドだそうだ。

ソニュカサパ4

ピサロは今、トゥンベスの北から行けるソモンドコと呼ばれる鉱山を集中的に捜索しているらしい。

更にシュレッテンワルダーはラウルに質問。
ソニュカサパ6
ラウルの情報によると、ピサロ自身がクスコに駐屯していたという話は聞いていないらしいが、ピサロは信用できる精鋭で編成されたトゥンベスに駐屯中のピサロ率いる本隊とクスコ駐在中の下級兵で編成された分隊の2隊に分けているらしい。
シュレッテンワルダーによると、リマ北で襲ってきた偽インカ戦士はこの分隊の方で、これらの表向きの用件は帝国の動向監視と 内乱への介入。ピサロは内乱の首謀者である前皇帝の子 アタワルパと
裏でつながっているという噂である。しかし、分からないことは、なぜ、冒険者からキープを略奪する仕事をなぜ信用していない下っ端にさせたのかということ。

とりあえずトゥンベスに行くことに。

パナマ運河が出来たからすぐ行けるので便利v(≧∇≦)v

トゥンベスの酒場マスターにピサロについて聞いてみると
ソニュカサパ7
中身は、神とは全く似ても似つかない奴らしい^^;

他の住人にも話を聞いてみると、
ソニュカサパ8
凸(~~#)ヒドイ

ソニュカサパ9
やはり、女神の魂を探しているんだな m9(`・ω・´)

情報収集をしていると、シュレッテンワルダーが到着。
ソニュカサパ10

シュレッテンワルダーが言うにはピサロはキープがどこにあるのかも至宝がどこに隠されているのかも
見当をつけていて、それで キープを奪うために例の村を襲ったらしい。

しかし、住人はそれを否定。詳しく聞いてみると、
ソニュカサパ11

ピサロは、黄金の儀式をするという民族について調べ上げ、とうとう その村にたどり着いた。
どうやらアタワルパの内乱に力を貸す代わりに情報を得たみたい。
その村にたどり着いたピサロは、族長の持つ非常に美しい緑の石でできた祭器に目を奪われたそうだ。
ピサロはそれを欲しがるが、当然拒否され、業を煮やしたピサロは族長を殺してしまったらしい><
その為、ピサロとその民族は仇敵関係となり 本来の目的であるキープと至宝の調査は頓挫した。
その隙に 族長の息子がキープをチャスキにクスコへと運ばせた。
しかし、ピサロはその情報を聞いて先回りし、リマの北でチャスキを・・・・・

ってこの住人、情報通だねヽ(´∀`)9
シュレッテンワルダーもなぜそんなにくわしいのか疑問に思ったようで、問いつめると、

ソニュカサパ12
∑( ̄□ ̄;)ナント!!
この住人は息子が死んだ真相を知りたくて必死で調べたようです。・゚・(ノд`)・゚・。

最後にシュレッテンワルダーが、その民族の名前を聞くと、チブチャだという。。。

ラウアやロカ、ワマンの父を殺したのは、ピサロだったのです!

ここで、シュレッテンワルダーは別行動に。気になることがあるみたく、

ソニュカサパ13
また後で、ラウルのところで落ち合うことに。

ところで、住人は以前リマ北で見つけた肩掛け袋をみると、見覚えがあるといいます。
見せるとそれは、息子が最後に運んだ袋だった!
そのとき、
ソニュカサパ14
緑の石?!

探索してみると
ソニュカサパ15
タプ・イ・アルカ発見^^;

ってなんでだΣ(゚Д゚;
石が入ってたら、袋発見した時に分かるだろ!?
っつか、それよりもチャスキを襲ってキープを奪ったピサロは、この祭器が欲しくて仕方なかったはずじゃ??なぜキープだけ奪って祭器はそのまま??
訳分からん(;´∀`)・・・



冒険編は記事書くのがとてもキツイ。・゚・(ノд`)・゚・。
でも頑張る!!のでポチっとよろしくお願い致します






続きを閉じる▲
ラウルからの呼び出しなので、酒場に行くと
ソニュカサパ1

シュレッテンワルダーからの依頼らしいです^^;
しかし、本人は遅刻してるみたい^^;
ラウルと雑談して時間をつぶしていると
ソニュカサパ2
シュレッテンワルダー登場。

揃ったところで、いよいよ本題に。
ラウルはシュレッテンワルダーに頼まれて、ピサロについて調べていたようです。

ソニュカサパ3
ラウル曰く
ピサロは母親の身分が低かったため、幼年期は不遇で およそ貴族の子とは思えない生活をしてきたそうだ。幼い頃から体格がよくイタリア戦争への参加や新大陸調査などで頭角を現した生粋の軍人だ。
しかし 下級貴族であるという経歴から戦争でも調査航海でも重用されなかった。
その為、富と財に執着するようになったんだそうだ。
あるときピサロは 新大陸帰りの冒険者から「新大陸の南部には「女神の魂」が隠されている」と聞いた。これを聞いたピサロは当時ダリエン湾総督配下だったにも関わらず、賛同する探検家と司祭を連れて遠征し、インカ帝国のその富に驚き 調査を続ける。そして、その膨大な黄金に魅了されていったそうだ。
ラウル>しかし インカ帝国にはピサロが冒険者から聞いた「女神の魂」の痕跡はなかった。
「女神の魂」とは「ウミナの魂」のこと。ケチュアの女神ウミナの魂が形となったエメラルドだそうだ。

ソニュカサパ4

ピサロは今、トゥンベスの北から行けるソモンドコと呼ばれる鉱山を集中的に捜索しているらしい。

更にシュレッテンワルダーはラウルに質問。
ソニュカサパ6
ラウルの情報によると、ピサロ自身がクスコに駐屯していたという話は聞いていないらしいが、ピサロは信用できる精鋭で編成されたトゥンベスに駐屯中のピサロ率いる本隊とクスコ駐在中の下級兵で編成された分隊の2隊に分けているらしい。
シュレッテンワルダーによると、リマ北で襲ってきた偽インカ戦士はこの分隊の方で、これらの表向きの用件は帝国の動向監視と 内乱への介入。ピサロは内乱の首謀者である前皇帝の子 アタワルパと
裏でつながっているという噂である。しかし、分からないことは、なぜ、冒険者からキープを略奪する仕事をなぜ信用していない下っ端にさせたのかということ。

とりあえずトゥンベスに行くことに。

パナマ運河が出来たからすぐ行けるので便利v(≧∇≦)v

トゥンベスの酒場マスターにピサロについて聞いてみると
ソニュカサパ7
中身は、神とは全く似ても似つかない奴らしい^^;

他の住人にも話を聞いてみると、
ソニュカサパ8
凸(~~#)ヒドイ

ソニュカサパ9
やはり、女神の魂を探しているんだな m9(`・ω・´)

情報収集をしていると、シュレッテンワルダーが到着。
ソニュカサパ10

シュレッテンワルダーが言うにはピサロはキープがどこにあるのかも至宝がどこに隠されているのかも
見当をつけていて、それで キープを奪うために例の村を襲ったらしい。

しかし、住人はそれを否定。詳しく聞いてみると、
ソニュカサパ11

ピサロは、黄金の儀式をするという民族について調べ上げ、とうとう その村にたどり着いた。
どうやらアタワルパの内乱に力を貸す代わりに情報を得たみたい。
その村にたどり着いたピサロは、族長の持つ非常に美しい緑の石でできた祭器に目を奪われたそうだ。
ピサロはそれを欲しがるが、当然拒否され、業を煮やしたピサロは族長を殺してしまったらしい><
その為、ピサロとその民族は仇敵関係となり 本来の目的であるキープと至宝の調査は頓挫した。
その隙に 族長の息子がキープをチャスキにクスコへと運ばせた。
しかし、ピサロはその情報を聞いて先回りし、リマの北でチャスキを・・・・・

ってこの住人、情報通だねヽ(´∀`)9
シュレッテンワルダーもなぜそんなにくわしいのか疑問に思ったようで、問いつめると、

ソニュカサパ12
∑( ̄□ ̄;)ナント!!
この住人は息子が死んだ真相を知りたくて必死で調べたようです。・゚・(ノд`)・゚・。

最後にシュレッテンワルダーが、その民族の名前を聞くと、チブチャだという。。。

ラウアやロカ、ワマンの父を殺したのは、ピサロだったのです!

ここで、シュレッテンワルダーは別行動に。気になることがあるみたく、

ソニュカサパ13
また後で、ラウルのところで落ち合うことに。

ところで、住人は以前リマ北で見つけた肩掛け袋をみると、見覚えがあるといいます。
見せるとそれは、息子が最後に運んだ袋だった!
そのとき、
ソニュカサパ14
緑の石?!

探索してみると
ソニュカサパ15
タプ・イ・アルカ発見^^;

ってなんでだΣ(゚Д゚;
石が入ってたら、袋発見した時に分かるだろ!?
っつか、それよりもチャスキを襲ってキープを奪ったピサロは、この祭器が欲しくて仕方なかったはずじゃ??なぜキープだけ奪って祭器はそのまま??
訳分からん(;´∀`)・・・



冒険編は記事書くのがとてもキツイ。・゚・(ノд`)・゚・。
でも頑張る!!のでポチっとよろしくお願い致します





テーマ:大航海時代Online - ジャンル:オンラインゲーム
【2008/08/03 06:36】 | エピソード | トラックバック(0) |


<<エピソード インカ編(冒険)「責任と選択」 | ホーム | エピソード インカ編(冒険) 「凶兆の伝達者」>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://redcometlogbook.blog69.fc2.com/tb.php/577-10d1daa0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。