ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキングに参加中(⌒∇⌒)
↓↓ポチッと押して頂けると嬉しいです(o^-')b


みなさまの航海の無事をお祈りします♪


【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告


Happy Halloween! 前編 vol.1
LIVEイベント「Happy Halloween!」をやってみました^^

ハロウィンってカボチャしかイメージがないです^^;

さて

開始はロンドンの教会から
ハロウィン1

仮装パーティ((o( ̄ー ̄)o)) ワクワク

司祭によると、ハロウィンの始まりは古いケルトのお祭りだという話があるそうで、今年の仮装パーティでは、ケルトの衣装を忠実に再現した仮装が会場を盛り上げる予定だそうです。
しかし、私は仮装する衣装がないので、司祭の助手のクライドという方が、ケルトの衣装をアムステルダムで作っているので訪ねてみてはいかがと勧めてくれました^^

ブログランキングに参加中(⌒∇⌒)
↓↓ポチッと押して頂けると嬉しいです(o^-')b


みなさまの航海の無事をお祈りします♪

早速アムステルダムの広場にいるクライドさんに話しかけると

ハロウィン2

衣装の件で困っているところらしく、古代ケルトの豪族が身に着けていたという衣装のレプリカを作りたいらしいのだけど、豪族のつけていたアクセサリーが手に入らないので、仕立て屋を訪ねて、意見を聞いてきて欲しいのと頼まれました。

ビッケル商館前にいる老練な仕立て屋を見つけ、
ハロウィン3
アクセサリーの事を聞いてみると、
アクセサリーだけごまかすと目立っちまうとクライドに伝えてくれといわれたので、再びクラウドの元へ^^;

ハロウィン4
今からレプリカを作る時間はないし、しかもそのアクセサリーの原型が分からないことにはどうにもならないので、もう一度仕立て屋から参考になりそうな意見を聞いてきてほしいだって・・・(;-_-) =3 フゥ

ハロウィン5

老練な仕立て屋に聞いてみると、今からレプリカを作るわけにはいかないから、なんとかして本物を手にいれるしかないとのこと(;^_^A アセアセ・・・

クラウドに伝えると

ハロウィン6

この街には有名な4人のお嬢さんがて、街の有力者なので古代の豪族と関係があるかもしれないので、聞いて確かめてきてくれだって>< いい加減自分でいけ~(-∀ー#)

とりあえず 広場噴水前にいる4人娘に話しかけました。
ハロウィン7

が、全く情報得られず><

再びクラウドの元へ^^;

ハロウィン8
次は街の住人に聞き込みして欲しいだって><

とりあえず住人に聞き込み開始~

ハロウィン9
ハロウィン11
ハロウィン10

!!有力な情報が聞けた^^
ケルトのアクセサリーとはトルクというものらしい( ̄ー ̄)ニヤリ

早速クラウドに報告すると

ハロウィン12

その情報を整理し、出た結論はこの街で、トルクという装身具を首につけている人物を探せばいいということ。
また、人捜しです><

色々歩き回り、やっと総督官邸前にレニという少女が(((;-д- )=3ハァハァ

ハロウィン13
話を聞くとレニの一族はケルトの末裔らしい。トルクだって見たことがあるとのことですが、小さな時のことなので思い出せないらしい><

クラウドに報告すると
ハロウィン14
何とかして思い出してもらえって><
自分で言えよぉ(# ゚Д゚)

とにかくレニに思い出して貰おうと思ったのですが、
ハロウィン15
やはりダメみたい。・゚・(ノд`)・゚・。
しかし、親戚の誰かが身に着けていたということは教えてくれました。

また、クラウドに報告すると
ハロウィン16
案の定、その親戚を捜し出せとの依頼・・・・・・こんなんばっか。・゚・(ノд`)・゚・。

商館管理局の横にいる街の老人に話しかけると
ハロウィン17
レニのおじいさんでした(^^)v
しかし、トルクのことは知っていましたが、お年のせいか在処は思い出せないそうです><><

クラウドに伝えるとついに諦めることに^^;

ここで今までのお礼に
ハロウィン18
「魔法使いの靴」 をくれましたヾ(^v^)k

ハロウィン19

ここまでのことをロンドンの司祭に報告に行くことになりました。

ハロウィン20

司祭は、友人である考古学者が研究で行き詰っているというので、なんとかお力を貸してほしいとお願いしてきました。手伝えば、きっとお礼をはずんでくれるらしい ( ̄ー ̄)ニヤリ
友人の名前はグレンといい、今はダブリンの教会にいるとのことなので次回はダブリンに行きたいと思います^^




続きを閉じる▲
早速アムステルダムの広場にいるクライドさんに話しかけると

ハロウィン2

衣装の件で困っているところらしく、古代ケルトの豪族が身に着けていたという衣装のレプリカを作りたいらしいのだけど、豪族のつけていたアクセサリーが手に入らないので、仕立て屋を訪ねて、意見を聞いてきて欲しいのと頼まれました。

ビッケル商館前にいる老練な仕立て屋を見つけ、
ハロウィン3
アクセサリーの事を聞いてみると、
アクセサリーだけごまかすと目立っちまうとクライドに伝えてくれといわれたので、再びクラウドの元へ^^;

ハロウィン4
今からレプリカを作る時間はないし、しかもそのアクセサリーの原型が分からないことにはどうにもならないので、もう一度仕立て屋から参考になりそうな意見を聞いてきてほしいだって・・・(;-_-) =3 フゥ

ハロウィン5

老練な仕立て屋に聞いてみると、今からレプリカを作るわけにはいかないから、なんとかして本物を手にいれるしかないとのこと(;^_^A アセアセ・・・

クラウドに伝えると

ハロウィン6

この街には有名な4人のお嬢さんがて、街の有力者なので古代の豪族と関係があるかもしれないので、聞いて確かめてきてくれだって>< いい加減自分でいけ~(-∀ー#)

とりあえず 広場噴水前にいる4人娘に話しかけました。
ハロウィン7

が、全く情報得られず><

再びクラウドの元へ^^;

ハロウィン8
次は街の住人に聞き込みして欲しいだって><

とりあえず住人に聞き込み開始~

ハロウィン9
ハロウィン11
ハロウィン10

!!有力な情報が聞けた^^
ケルトのアクセサリーとはトルクというものらしい( ̄ー ̄)ニヤリ

早速クラウドに報告すると

ハロウィン12

その情報を整理し、出た結論はこの街で、トルクという装身具を首につけている人物を探せばいいということ。
また、人捜しです><

色々歩き回り、やっと総督官邸前にレニという少女が(((;-д- )=3ハァハァ

ハロウィン13
話を聞くとレニの一族はケルトの末裔らしい。トルクだって見たことがあるとのことですが、小さな時のことなので思い出せないらしい><

クラウドに報告すると
ハロウィン14
何とかして思い出してもらえって><
自分で言えよぉ(# ゚Д゚)

とにかくレニに思い出して貰おうと思ったのですが、
ハロウィン15
やはりダメみたい。・゚・(ノд`)・゚・。
しかし、親戚の誰かが身に着けていたということは教えてくれました。

また、クラウドに報告すると
ハロウィン16
案の定、その親戚を捜し出せとの依頼・・・・・・こんなんばっか。・゚・(ノд`)・゚・。

商館管理局の横にいる街の老人に話しかけると
ハロウィン17
レニのおじいさんでした(^^)v
しかし、トルクのことは知っていましたが、お年のせいか在処は思い出せないそうです><><

クラウドに伝えるとついに諦めることに^^;

ここで今までのお礼に
ハロウィン18
「魔法使いの靴」 をくれましたヾ(^v^)k

ハロウィン19

ここまでのことをロンドンの司祭に報告に行くことになりました。

ハロウィン20

司祭は、友人である考古学者が研究で行き詰っているというので、なんとかお力を貸してほしいとお願いしてきました。手伝えば、きっとお礼をはずんでくれるらしい ( ̄ー ̄)ニヤリ
友人の名前はグレンといい、今はダブリンの教会にいるとのことなので次回はダブリンに行きたいと思います^^



テーマ:大航海時代Online - ジャンル:オンラインゲーム
【2008/10/25 21:41】 | アルテイシア/航海日誌 | トラックバック(0) |


<<Happy Halloween! 前編 vol.2 | ホーム | ペット☆アナコンダ>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://redcometlogbook.blog69.fc2.com/tb.php/623-7514ffda
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。